介護ケアで学べるストレスへの耐性

介護は非常にストレスがかかる仕事です。認知症によって自分勝手な言動をする利用者様、夜勤、給料が安い等が理由として挙げられます。しかし、それらをプラスに受け止められる心を持った人は、適正有りといえるでしょう。実際に、認知症によって自分勝手な言動をする利用者に対して、かわいいと思える職員も実在します。給料の安さをものともせず、仕事のすべてをやりがいとして受け止められる職員もいます。そういった職員になるには、強い心というある意味での優秀な才能が必要なのかもしれません。そのような職員のそばにいることで、自分も学ぶことが少なからずあるのは事実です。

介護は、そのストレスからうつ病になってしまう職員もいます。しかし、もちろんそうならない人達が多数いる。そうならないのは、ストレスに対する対処法を身に着けているからです。もちろん誰もがはじめから、悩みなく仕事に馴染めたという事実はありえません。誰でも真似できる心を強くするノウハウがあるからこそ、多くの人たちが働けているののです。そういったノウハウは、介護業界だけで役立つものではありません。

これからも続く人生をより豊かなものにするために、将来性のある介護業界へ転職し、勉強してみてはいかがでしょうか。これからの社会は、物資の豊かさではなく、心の豊かさでこそ幸せを感じる社会になっていくように思います。そのような社会へ向かう一人の人間として、介護業界で心の強さを学ぶことは決して無駄にはならないはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です